SC有機化学株式会社
JP EN

MENU

PRODUCT INFORMATION COLUMN

製品情報コラム

Phoslexシリーズの耐熱性(TG-DTA)

投稿日:2022/09/16

弊社有機リン製品Phoslexシリーズの耐熱性(TG-DTA)をご紹介します。

有機リン製品を潤滑油極圧剤として使用する際に、切削や研削などで発生する熱による劣化が生じる恐れがあるため、参考としまして、弊社有機リン製品のPhoslexシリーズの製品自体の耐熱性をご紹介します。

PhoslexシリーズのTG-DTA

Phoslexシリーズ TG-DTA

製品名 リン含有率 分解開始温度 5%重量減 50℃重量減 100℃重量減 200℃重量減
Phoslex A-1 26 % 77 ℃ 1.3 % 8.6 % 17.4 %
Phoslex A-4 17 % 176 ℃ 0.4 % 2.8 % 7.1 %
Phoslex A-8 12 % 216 ℃ 203 ℃ <0.1 % 0.4 % 4.2 %
Phoslex A-18D 7 % 250 ℃ 238 ℃ 0.1 % 0.6 % 2.0 %

*耐熱性評価試験:TG-DTA、雰囲気:N2、昇温速度:10℃/min

Phoslex A-8(炭素数8)シリーズのTG-DTA

Phoslex A-8シリーズ TG-DTA

製品名 リン含有率 分解開始温度 5%重量減 50℃重量減 100℃重量減 200℃重量減
Phoslex A-8 12 % 216 ℃ 203 ℃ <0.1 % 0.4 % 4.2 %
Phoslex A-8N 11 % 235 ℃ 198 ℃ 0.4 % 1.9 % 5.2 %
Phoslex A-208 10 % 242 ℃ 231 ℃ 0.1 % 0.5 % 1.4 %

*耐熱性評価試験:TG-DTA、雰囲気:N2、昇温速度:10℃/min

Phoslex A-8シリーズ(炭素鎖8)は、以下のような差があります。

Phoslex A-8:骨格炭素が分岐鎖

Phoslex A-208:骨格炭素が分岐鎖、ジエステルリッチ

Phoslex A-8N:骨格炭素が直鎖

まとめ

一般的に、炭素鎖が増えることで耐熱性は向上しますが、粘度も上がることになります。銘柄選定にあたっては耐熱性・リン含有率だけでなく、ベースオイルへの溶解性、酸化安定性、腐食性など、総合的にご検討ください。

配合組成物としての耐熱性につきましては、ベースオイル(基油)や添加剤によって差がありますので、それぞれの配合にてお試しください。

 

*本記事は、記載内容を保証するものではありません。

CONTACT / DOWNLOAD

お問い合わせ・資料ダウンロード

各種製品・資料に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ 資料ダウンロード