SC有機化学株式会社
JP EN

MENU

USE INTRODUCTION

用途紹介

LIGHT CURING SENSITIZERS

光硬化樹脂 増感剤

光硬化樹脂とは、特定の波長の光を照射することによって重合反応が開始し、液体から固体に化学的に変化する合成樹脂です。
以前からスクリーン印刷等の製版に使用されていましたが、現代でも電子材料向け粘接着剤、レジストインキ、ジェルネイル、クラフト用UVレジンなど、
幅広い用途で使用されています。最も身近な例として、歯科治療では虫歯で切削した歯に光硬化樹脂(レジン)を使用し、
紫外線照射により20秒程度の短時間で硬化させることができるため、近頃はよく使用されています。
波長200~400nmのUV(紫外線)による硬化が一般的ですが、近年、長寿命化による運用コストの低減、低消費電力化などのメリットにより、
光源のLED化が注目されています。しかし、波長帯域の短いUV-LEDでは、UVでは硬化していた配合でも期待通りに固まらない可能性があります。
その影響もあり、より低エネルギーで硬化が可能なチオール増感剤が再度注目されています。

用途例

Application example

  • 電子材料向け粘接着剤
  • レジストインキ
  • 連鎖移動剤
  • 架橋剤
  • 歯科材料
  • クラフト用UVレジン

増感作用評価

Sensitization

光硬化樹脂の増感剤としてチオールを使用すると、使用せずに硬化するよりも、
二重結合反応率が向上します。さらに、添加量が多いほど向上率が増加します。
これは、チオール添加による増感作用と、酸素阻害抑制効果に起因しています。 測定機器:リアルタイムFT-IR
測定条件:室温、Air雰囲気
UVランプ照射量 E(abs): 100[mW/cm2]
  • モノマー

    Trimethylolpropane triacrylate 100部

  • 開始剤

    1-Hydroxycyclohexylphenylketone 2部

  • 増感剤

    TMMP, PEMP, DPMP 0~10部

酸素阻害抑制効果評価

Oxygen inhibition restraint

光硬化樹脂の増感剤としてチオールを使用すると、アクリレート、アリルエーテルのオレフィン種にかかわらず、空気中で薄膜でも酸素阻害を受けずに完全硬化しました。 チオールを使用しない場合、空気中の酸素拡散による硬化阻害を受け、空気中で1分間のUV照射では全く硬化せず、10分間のUV照射後でも硬化不良による表面タックが残る状態でした。

雰囲気
Air
N2
チオール
添加
添加
なし
なし
なし
オレフィン種
アリルエーテル
アクリレート
アクリレート
アクリレート
アクリレート
UV照射
1min.
10min.
1min.
表面状態

完全硬化

完全硬化

硬化不良

硬化不良(ベタベタ)

完全硬化

膜厚:5μm UVランプ(254nm)照射量 E(abs): 2 [mW/cm2] チオール:PEMP

密着性評価

Improved adhesion

光硬化樹脂の増感剤としてチオール添加することで、チオール添加なしと比較し、引張せん断接着強さが2~3倍向上しました。
測定機器:オートグラフ(引張せん断接着強さ)
試験方法:JIS K6850 : 1999準拠
接着基材:PMMA
  • モノマー

    Trimethylolpropane triacrylate 100部

  • 開始剤

    1-Hydroxycyclohexylphenylketone 2部

  • 増感剤

    TMMP, PEMP, DPMP 5部

ラインナップ

Line up

製品名

Product
Structural formula

粘度 / Viscosity
(mPa・s) [25℃]

製品詳細
Multhiol Y-2
64
Multhiol Y-3
100
Multhiol Y-4
150
PXDT

<10
(50℃)

値は全て代表値であり、保証するものではありません。
The values shown above are typical values, not guaranteed values.

CONTACT / DOWNLOAD

お問い合わせ・資料ダウンロード

各種製品・資料に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ 資料ダウンロード